PPPT -PaPa no Power Training-

2018年CXシーズンインまでにFTP207w→250wを目指すカテ3のSSCXライダー&3児の父ブログ

【パパの】Zwift 4wk FTP Booster Week 2 Day 7 - Max Aerobic declining【パワトレ】

f:id:MaoGotoh:20180308120213p:plain

f:id:MaoGotoh:20180308120224p:plain

「4wk FTP Booster」を半分終えて効果を実感している!

これはね、、、イイよ。

よく考えられたメニューだなと思う。

 

パパは飽きやすい。多分あなたも飽きやすい。

そして、どちらかと言うと辛いことは避けたいと思っている。

これは性格だし本能なので仕方ない。これを否定したら話が始まらないので。

ただし、辛さを乗り越えなければ強くならないことも知っている(つもり)

 

そこで「4wk FTP Booster」ですよ

絶妙なハードル設定

36年生きてて思うんだけど、ゴールだけ見ていると、明らかに無理な目標を掲げてしまうことがある。短期間に成果をあげることは無理。それが高い目標であればあるほど、ゴールに至るまでに何箇所も中間ゴールが必要なはず。高すぎるハードルは壁に見えてしまい、それを飛び越えようと思わないから。低いハードルを何回も飛び越えていくうちに成長する。

zwiftが良いのはFTPを入力するだけでハードルを設定してくれること。それも絶妙なさじ加減で。

Zwiftなら誰かと走れる。だからこそ続けられる

このメニュー、そこまで辛くはないが、簡単でもない。Zwiftだから達成できた側面がある。それは、コースを走っている他のライダーの存在が大きくて、自分のペースにぴったり合うライダーや集団に出会うことが度々あって、そこに競争精神が生まれたことで辛いメニューも達成できた。

Zwiftなら気持ちが折れない。折れなければ大丈夫。体への負荷は、健康体であればギリギリ達成できるように設定されてるはずだから。

成長の実感があってこその継続

全行程の半分を終えて5分、3分の記録は更新できた。ただし、たった2週間なのでガツンとは上がらない。だけど、なんか自分がレベルアップしたみたいで嬉しいし、次のメニューに取り組むモチベーションも上がる。そして何よりも、レースが楽しみで仕方ないのよ。このメニューがというよりも、「効果を実感できる継続性のあるトレーニング」には、計り知れないメリットがあると感じる。

ちなみに「4wk FTP Booster」は7日×4週=28日間のメニュー。1回のメニューは1時間程度、TSSは50〜80程度とサラリーマンに優しい設定。最終日にFTPテストが組み込まれているので、比較的短期間で効果測定ができる。さらに最終日に至るまでも、さっき書いた通り5分、3分とか記録が更新される(はず)ので、日に日に自分が成長していることが実感できるので、飽きやすい人でも続けられると思う。

 

みんなズイズイしようぜ。